有田市立 箕島小学校

教育方針・スクールプラン・いじめ防止SERVICE&PRODUCTS

教育方針

1.学校教育目標

   学び 育つ

 「学ぶ」とは、知的好奇心をもって学習し知識・技能を習得することであり、体験活動や学級活動など
     を通して、社会性、コミュニケーション力、自己有用感などを高めることである。
 「育つ」とは、学んだことを基に向上的変容を遂げることである。教育者は、生徒個々の成長に敏感で
     あらねばならない。また、評価を行い、それによって希望・自信をもたせなければならない。
 「学び 育つ」のは、生徒のみのことではない。教職員も保護者も学校の教育活動全体を通じて「学び
     育つ」のである。

 ◎ 目指す生徒像
  ・心身ともに健康で、逞しく、生活力がある生徒。
  ・真理を求め、意欲的に学習する生徒。
  ・豊かな心情をもち、互いにいたわり合い、励まし合いできる生徒。
  ・よりよい生き方を求め、思考し、表現できる生徒。
  ・勤労を愛し、自主的に行動できる生徒。
  ・ふるさとを愛し、家族や先人に感謝の心をもつ生徒。

2.本年度の努力点

(1)学力の向上
  ア わかる授業、魅力ある授業を創造し、生徒の学習意欲を高める。
  イ 各教科における目標、基礎・基本、指導の重点を明確にするとともに、共通理解を図る。
  ウ 各種学力調査の結果を分析し、指導に活かす。
  エ 授業研究をはじめ校内外の研究成果を積極的に取り入れ、指導力向上に努める。
  オ 朝の時間を計画的・効果的に活用する。
  カ 家庭学習の定着を目指した取り組みを進める。
  キ 読書教育を推進する。
  ク 全教職員の共通理解のもと、特別支援学級の教育の充実に努め、各教科において適切な交流及び
    共同学習を進める。

(2)特別支援教育の充実
  ア 特別支援教育について研修機会をもつ。
  イ 全教職員が特別支援学級の運営について理解し、協力する。
  ウ 障害がある生徒それぞれに対する「合理的配慮」を確立する。
  エ「合理的配慮」の観点を明記した「個別の教育支援計画(つなぎ愛シート)」並びに「個別の指
    導計画」を作成する。

(3)道徳教育の充実
  ア「考える道徳」「議論する道徳」を目指した授業づくりを行う。
  イ「特別の教科 道徳」の評価をさらに研究する。
  ウ 教科の学習、体験的な活動、学校行事などあらゆる場面に道徳性を高める機会があることを意識
    する。

(4)人権尊重の精神を育てる
  ア 教職員全員が普段から人権感覚を磨き、人権意識高揚を心がける。
  イ 社会における人権にかかわる問題について認識を深める学習を計画する。
  ウ 常にいじめがない学校を目指し、定期的に調査を行うとともに、いじめに関する学習を実施する。

(5)特別活動の充実
  ア 望ましい集団活動を通して、自主的・自律的な精神を養うとともに協力的で実践的な態度を養う。
  イ 活発で一人ひとりが大切にされる学級活動を通して、個性の伸長をはかるとともに集団生活への
    適応力を高める。
  ウ 生徒会活動を活発にし、よりよい学校生活づくりに参画させ、責任感と自治能力を育成する。
  エ 計画的・意図的な行事計画のもと全教職員が協力するとともに、情報を共有する。
  オ Q−Uの結果を分析・活用し、個々の生徒との関わりや学級集団づくりを行う。

(6)進路指導の充実
  ア 各学年における進路学習の目標を明確にし 計画的・系統的な進路指導を推進する。
  イ 生徒・保護者に適切な進路情報を提供する。
  ウ 生徒の自己実現を目指し、夢と希望をえがける進路指導に努める。
  エ キャリア・パスポートを有効に活用し、生徒が主体的に学びに向かう力を育み、自己実現につな
    ぐ。

(7)生徒指導の充実
  ア「早寝・早起き・朝ご飯」を徹底する。
  イ 家庭状況も含めた生徒理解に努め、生徒との温かい人間関係を築く。
  ウ 学校学年の状況を分析し、指導方針については全教職員が共通理解を図り、足並みをそろえた指
    導に努める。
  エ いじめアンケートを定期的に実施するとともに、常にいじめ等の問題について早期発見に努める。
  オ 携帯電話・スマートフォン、ゲーム機等の長時間使用、メールやSNSを巡るトラブルへの対応
    を検討し、未然防止のための学習を行う。

(8)安全・防災教育の推進
  ア 交通安全指導、通学路の点検を定期的に行う。
  イ 防災教育の充実に努めるとともに、より実際的な避難訓練を志向する。
  ウ 校内防災委員会の自分の役割を自覚し、責任ある取り組みを進める。
  エ 関係機関との連携を密にする。

(9)「地域とともにある学校」づくりの推進
  ア 学校開放月間、諸行事、授業参観等の機会を通じて積極的に学校を公開する。
  イ 校長・学校・学年・学級通信等、各種通信により情報発信に努める。
  ウ ホームページを充実・更新する。
  エ 学校運営協議会との積極的な協働を図る。

 

3.研究主題

 「主体的、対話的で深い学びの実現を目指す教育実践」
     〜自分の考えを表現する実践を通して〜

スクールプラン

有田市立文成中学校スクールプラン」(PDF)

いじめ防止

有田市立文成中学校いじめ防止基本方針」(PDF)



ナビゲーション

有田市立文成中学校

〒649-0434
有田市宮原町新町1

TEL (0737)88-7070
FAX (0737)88-8001