SAMPLE KIDS CLUB

学校教育目標

豊かな心を持って、生き生きと活動し、自ら学ぶ子を育てる。

めざす子ども像

・自ら進んでよく考える子

・健康で明るくたくましい子

・優しくおもいやりのある子

本年度の努力点

・授業で子どもを変えるという意識を強く持ち、目指す子どもの姿をきちんと見据えて、全教育活動の中で子どもが学びを深め成長できるよう、以下の点に留意する。

(1)学習指導の充実
○『授業の約束ごと』を共通のものにし、学び合う場を大切にしたわかる授業の工夫に努める。
○教科の基礎・基本の定着をめざす。
○言語活動を通し、実生活に生きる思考力・判断力・表現力を育てる取り組みをしていく。
○家庭と連携を図りながら個に応じたきめ細やかな指導で家庭学習の定着をはかる。
○地域の教育力を活かし、体験的な学習とその学習を深める指導を充実させる。

(2)生活指導の充実
○日常的なあいさつ、返事、場に応じた言葉づかいの指導を充実させる。
○学校の決まりを精選し、基本的な事項についての指導を充実させる。
○特別活動、児童会活動等との関連を図りながら児童の自主的な活動を支援する。
○保護者と連携しながら基本的生活習慣・規範意識の定着に努める。

(3)人権教育の充実
○一人ひとりの人権や生命を大切にする心を育てる。
○『誕生会』を人権教育の一つの柱とし、一人ひとりを大切にする意識を育てる。
○障害者問題についての正しい理解と認識を育てる。
○いじめは人の心を傷つける重大な人権侵害であるとの認識をもち、教育活動全体を通じて『いじめを許さない』指導を充実させる。

(4)体力づくりの推進と保健教育の充実
○児童が主体的に自分の体力向上に取り組めるような体育指導の充実を図る。
○健康について意識の高揚を図るとともに実践力の向上に努める。
○性教育の充実を図る。

(5)安全教育の充実
○児童の安全を確保するために、学校安全計画に基づいて避難訓練や交通安全指導等を行う。
○施設・設備の安全点検を実施し、事故の防止に努める。

(6)道徳教育の充実
○道徳教育全体計画・年間計画に基づいた実践を推進するとともに、児童の発達段階に応じた教材の開発に努める。また、そのために道徳についての研修を深める。
○心に響き合い、共に未来を志向する道徳の授業実践のために、授業研究の推進を図るように努める。

(7)特別活動・総合的な学習の時間の充実
○縦割り班活動、自然体験活動などを通して、個性の伸長を図るとともに、集団の一員としての自覚を深め、きめ細かい学級活動や学校行事活動の充実に努める。
○豊富な地域資源による体験を学習に活かし、家庭・地域と連携した活動を充実させる。
○全体計画・年間指導計画の充実と実践に努める。

(8)図書館教育の推進
○図書室を読書・学習の場として一層の充実を図る。
○読書タイムの充実、家庭学習での読書を奨励し、習慣化を図る。
○読み聞かせや、ブックトークを充実させ、読書活動の充実を図る。

(9)特別支援教育の充実
○特別支援学級入級児について、職員が研修し個々の児童についての理解を深め、それぞれの立場で全職員が関われるよう努める。
○通常学級に在籍する『気になる児童』について、支援の仕方等について研修し、指導に活かす。

学校研究課題

主題
『受け身の学習から主体的・対話的な深い学びへ』
- 国語科を中心として「活用する力」を育てる授業を -

いじめ防止

いじめ防止基本方針 (PDF)

ページの上部へ