有田市立 箕島小学校

教育方針・スクールプラン・いじめ防止SERVICE&PRODUCTS

教育方針

1.校訓

夢 ・ 挑戦

2.教育目標

進んで学び考え、自ら行動できる子どもの育成

めざす子ども像
    ・進んで学び、考える子ども
    ・思いやりのある子ども
    ・自ら行動できる子ども
    ・丈夫な体で最後までやり抜く子ども

3.本年度の努力点

(1)学習指導の充実  
@『和歌山の授業づくり 基礎・基本3か条』を重点に据えた授業づくりに努める。
A自ら進んで学習に取り組む児童の育成を目指し、互いの考えを交流する場面を効果的に設定し、対話を通し
 て個々の考えが深まるように指導方法の工夫改善や教材教具の開発に努める。
B児童一人ひとりの実態を把握し、個に応じた的確な指導に努める。
C学校研究主題「進んで学び考え、自ら行動できる子どもの育成―ふり返り活動を通して―」に着眼、考察し
 ふり返り活動を充実させるための教職員の授業力の向上に努める。
D体力や学力診断テストの結果の分析・考察等によって学習指導上の課題を明確にし、指導の充実を図る。
E「家庭学習の手引き」等を活用し、自ら進んで家庭学習に取り組む習慣を身に付けさせる。

(2)生活指導の充実
@自ら基本的な生活習慣や規律ある生活態度に改めようとする児童を育成する。
A全教職員で、全校児童の規範意識の育成に取り組む。
B無言清掃の意味を理解させ、責任を持って自分の役割を果たし、考えて行動する児童を育成する。
C進んで校内の美化活動に取り組めるような指導や手立てを考え、整った学習環境づくりに努めるとともに、
 上級生は下級生の見本となる姿を、下級生は上級生を見習う姿勢を身に付けさせる。
D学校、地域一丸となった教育環境づくりを進める。
E自ら、善悪の判断ができるように、情報モラルを身に付けさせる。
F不登校に関する教育相談の充実を図る。

(3)いじめ防止対策の充実
@児童の豊かな情操と道徳心を培い、進んで考え、思いやりをもち、自ら行動できる児童を育てるための、道
 徳教育、人権教育及び体験活動等の充実を図る。
Aいじめを早期に発見するための報告・連絡・相談及び定期的な調査を行う。
Bいじめを防止することの重要性に関する理解を深めるための啓発等を行う。また、本校のいじめ防止基本方
 針の共通理解といじめ防止対策委員会の効果的な運営を行う。

(4)道徳教育等の充実 
@道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てる。
A道徳的価値について多面的・多角的に考えたり自分との関わりについて深めたりできるよう指導する。
B学校の教育活動全体を通じて、各教科・領域等でそれぞれの特質に応じて、児童の発達段階を考慮し、自分
 で考え、思いやりをもった行動ができるよう適切な指導を行う。

(5)人権教育の充実
@児童の発達段階に応じて、主体的な学びとなる教育活動を計画的に実施する。
A全教職員の共通理解のもと、一人一人を大切にする教育を推進するとともに、自己肯定感の育成を図る。
B教職員の研修を深め、人権認識の更なる向上に努める。
Cいじめや差別をゆるさない認識や態度を養う。

(6)特別支援教育の充実
@支援を必要としている児童の実態を把握し、授業などにおいて、どのような配慮が必要なのか、全職員が共
 通認識の上で支援体制をつくる。
A個別の指導計画や個別の教育支援計画「つなぎ愛シート」を作成し、児童の発達段階や実態に応じた指導を
 行う。
B家庭、保護者との連携を深め、必要に応じて外部機関との連携を図る。
C特別支援教育を実践するにあたり、障害児理解、指導方法の研究等教職員の力量を高めるための職員研修を
 充実させる。

(7)防災安全教育の充実 
@防災・安全に関する年間指導計画及び対応マニュアルを作成し、自分の命は自分で守るという自分で考えて
 行動する意識の高揚と実践力の向上に努める。
A地域と連携した防災教育を実施する。

(8)健康と体力の向上
@保護者と連携し、自分自身の生活習慣をふり返り、望ましい生活習慣の確立等、健康教育の充実を図る。
A学校行事や体育の時間等を通じて、丈夫な体で最後までやり抜く子どもを育て、児童の体力の向上を図る。
B児童の発達段階に即した性教育の推進に努める。
C全学年を通して、系統的な取組を実施する。
D望ましい食習慣や食に関する指導を充実させる。

(9)学級経営の充実
@学校教育目標「進んで学び考え、自ら行動できる子どもの育成」を達成するために、「授業の充実」「田鶴
 スタンダードの共通理解」「無言清掃」の三つの柱を中心に据えて各学年の学級経営目標を設定する。
A教職員が、田鶴スタンダード(授業のスタンダード・教室環境のスタンダード・掃除のスタンダード)の意
 味を理解するとともに、児童が自ら考えて行動できるよう、系統的に指導する。
Bお互いの人権を尊重し、協力し合える集団を育成する。

(10)家庭・地域と連携した特色ある教育活動の推進
@学校や児童の活動の様子を家庭・地域に積極的に提供し、学校に対する理解と家庭・地域との連携を密にし
 ていく。
A進んで学び考え、自ら行動できる子どもを育てるために、地域の教育資源や人材等を活用した学習活動を効
 果的に取り入れ、地域に対する理解と愛情を育む。
B学校運営協議会の組織を活かし、保護者や地域住民の参画しやすい環境を整え、開かれた学校づくりを促進
 していく。

 

4.研究主題

進んで学び考え、自ら行動できる子どもの育成  - ふり返りの活動を通して -

スクールプラン

有田市立田鶴小学校スクールプラン」(PDF)

いじめ防止

有田市立田鶴小学校いじめ防止基本方針」(PDF)



ナビゲーション

有田市立田鶴小学校

〒649-0316
有田市宮崎町2131番地

TEL (0737)82-3169
FAX (0737)82-2180